fc2ブログ

さくら日和

ドーベルマン母娘の徒然日記(時々さくら)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

訃報

7月1日AM8時35分 ちぇりー永眠いたしました。

前日、6月30日は夕方まではいつも通りのちぇりーでした。

いつもより涼しかったせいか夕散歩はいつもより足取りが軽やかだったように思います。

そして、いつものように私といちごが散歩に出ている間はクレートに入って休んでて
いちごとの散歩から帰宅してちぇりーをクレートから出して、一瞬、いちごとふたりっきりにしたんです。
ばたばたやってたのでいつものかって思ってリビングに入ると、ちぇりーは立っていました。
すぐに犬達のご飯の準備を始めたんですが、いつものなら「ご飯、ご飯」って大喜びするちぇりーが全く動かず。
変だなぁと思いながらも準備していました。
それでも全く動かず、、、絶対に変だ!と思い、胸を触れると心拍数が速くなってて
直ぐに病院に電話をして連れて行きました。

車には飛び乗ることができたんですが病院に着いて降りることはできませんでした。
そして、診てもらうと・・・VT(心室性頻拍)…先生も「危険ですね」って。
一応、人間の看護師をしていたのでそれがどれだけ危険かってことは重々承知していました。
抗不整脈を使ってなんとかSR(洞調律)に戻りました。
しかし、途中、意識がなくなってダメかもって思ったんですが戻ってきてくれました。
二度目です。
そして、持続点滴の処置をしてもらい機械も貸してもらって帰宅しました。

DSC_1453 (338x450)

この夜はドキドキしながら添い寝をした母でした。

翌朝(7月1日)、心拍数が落ち着いていたので先生に言われていたように薬の量を減らして様子を見ていました。
そのままウトウトしていた母にチュッとして起こしてくれたり。
ゆっちゃんが帰って来たのを尻尾ぶんぶん振って喜んだり。
ご飯を早くしてって訴えたり。
ご飯を完食したり・・・。
もしかしてこのまま復活するかもって期待していたんですが・・・。

ご飯を完食後、傍にいたゆっちゃんが「ちぇりーの呼吸がおかしい」って言い出して
立ったんだけど、すぐに倒れて、、、母が先生に電話して指示を仰いでるうちに、、、

ゆっちゃんにの腕の中で息を引き取りました。

DSC_1452コピー

去年の11月に倒れ拡張型心筋症の診断をされ、近い将来、別れは来るんだろうなって心の準備はしていたのですが。
もしかしたら8月の11歳の誕生日もお祝いできるかも・・・とか、もっと長生きできるかもって淡い期待していました。
やはり、実際にお別れってなると悲しくて寂しいもんです。

21-07-03-09-21-01-141_deco (450x450)

あんなに大きくて重かったのにこんなに小さくなって帰ってきました。
足が立たなくなったらどうしようって色々グッズを探していたとこだったのに・・・
そんな事を母に心配させないように元気なまま逝ったのかな。
こんなとこ、親孝行な子です。
他にも、これまで二回の急変では私だけでした。
最後はゆっちゃんも居ました。
母一人ではダメだと思ったので戻ってくれたのかもしれませんね。
寝込むこともなく、とても綺麗な姿での旅立ちは残された人間の記憶に深く刻まれました。
なので、思い出す時には綺麗なままで・・・。
これは残された者にとってはとても大切なことではないかと思います。

コロナ禍でのお別れ。
コロナで子供達の誕生日会が2回もキャンセルになりました。
キャンセルにならなければ子供達に元気なうちに会えていたのにと悔しいです。
でも、コロナ禍により父の飲み会や出張などがなくなり大変な時に父も家におりました。
母一人じゃないというのは本当に良かったです。
心に余裕が持てました。
それにより、ちぇりーに余裕を持って接することができていたと思います。

DSC_1450コピー

まったり休憩をとりながらのお散歩もできました。
コロナ禍でも良い事はありました。

そして、急な訃報にもかかわらず、たくさんの方々からお花を送って頂いたり
DSC_1503 (338x450)
(主の居なくなったクレートの上には子供達からの供花です。皆ここで生まれたからね)

Instagram、Twitter、FacebookやLINEなどにもたくさんのメッセージを頂き、ちぇりーの偉大さ存在の大きさを実感しております。
そして、この場を借りて、皆様に感謝を申し上げます。

ちぇりーを家族に迎えてから訓練で育児ノイローゼになったのも懐かしい思い出です。

とても優しく、賢く、穏やかに育ってくれました。

そして、親孝行で家族想いで、とてもとても可愛かった。

いちごだけになりましたが今後ともよろしくお願いいたします。

ちぇりーに頼り切っていたいちごの事が心配ですが頑張って乗り越えようと思います。

今頃はさくらと会ってウザがられてるかな(笑)
仲良しだったビーデルちゃんとワンプロしてるかもね。
先に逝った娘のしぇりーちゃんとは親子の再会を果たすことができたかな。
学友のエル君には会えたかな。
MAKIさんはきっと可愛がってくれると思うよ。
ブルパパも「ちぇりー」って声かけてなでなでしてくれただろうな。
まりんちゃんは覚えてくれてたかな。
他にもパパママ、おじいちゃんおばあちゃんも居るから寂しくないよね。

ちぇりー、ありがとね。

絶対にまた会おうね。

==ランキングに参加中===

にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます<(_ _*)> アリガトォ
かなり、励みになっております(o^∇^o)ノ

| 10歳ちぇりーの日常 | 12:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
チェリーちゃん、お空に行ったのね。
苦しまないことだけが救いです。ちゃんと看取ってもらえたのだから。
楽しいイヌ生を遅れたね。
早く生まれ変わって戻っておいでよ!

| ぷにゅママン | 2021/07/06 02:09 | URL |

ぷにゅママン♪

こんにちは。
せっかくコメント頂いていたのに…お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

> チェリーちゃん、お空に行ったのね。
> 苦しまないことだけが救いです。ちゃんと看取ってもらえたのだから。

とうとうお空に旅立ってしまいました。
ちゃんとお家で娘も一緒に看取れたのは本当に良かったです。

> 楽しいイヌ生を遅れたね。
> 早く生まれ変わって戻っておいでよ!

楽しくて幸せだったら良いな。
また、会いたいな。
きっと生まれ変わって会えるよね。

ありがとうございます。:゚(;´∩`;)゚:。

| さくはは | 2021/07/09 15:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT